浮気調査

浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が明らかになった時

 

浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が明らかになった時、別れるべきか否か決めかねますよね。

 

それを避けるために、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の気持ちを見つめてみたほウガイいです。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務があるでしょうから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活を解消するのもいいでしょう。

 

探偵が行なう浮気調査でも失敗したりするようです。

 

探偵が浮気を始めとした調査の達人だといっても、失敗しない保証が全くないとは言えません。

 

相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。

 

 

 

それに、浮気調査実施中に不倫相手と密会しない場合には尻尾を掴みようがないです。

 

 

浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、びっくりするするほどに低料金だったり、もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、より細かな料金プランが提示されていて、追加の料金設定がなされていないような探偵事務所が良いかと考えます。

 

 

他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか事前調査が必要です。違法に調査を実施している業者へは依頼しない方が得策です。実際の浮気調査では、何人の調査員が必要なのかというと、調査によって一定とは限りませんが、ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、まず調査員が1人で浮気であるかどうかを行なう場合が多いです。

 

 

浮気が現実であると判明したら、再度考えて浮気の証拠を掴むための調査を行なう人数などの調査方針を決めることになります。浮気した事実をカーナビで証明できるのです。
カーナビにある履歴を確認し、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられる場合があるでしょう。

 

履歴があまり見たことない場所であった場合気を付けてましょう。それに加えて、しばしば給油されていた場合、車によりデートしていることがあるでしょう。探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。実費としては調査の際にかかった交通費とか写真撮影にかかる費用などですが、調査員の食事代が足されるケースもあるみたいです。また、時間給は調査員の人数×調査時間で、費用を算出します。

 

 

 

浮気調査を行なう期間が短ければ請求金額も少ないです。

 

 

成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間だったとして調査を行なう3日間で浮気の証拠を掴めなければ調査は成功となってしまうのです。実際に浮気があったとしても、調査中に浮気が見つけられなかったら、浮気とは分からないまま、調査は完了し、成功報酬としての料金を請求されます。
本人が知らないうちに、客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、必要とされる技術および機材があるでしょう。
浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠として扱われません。

 

浮気を探偵に調査してもらうなら、非常にコンパクトなカメラを使って相手が気づかないうちに鮮明に写真におさめることができます。
浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることが出来たとしても離婚しないままの方が良いこともあるでしょう。コドモがいるご夫婦の場合は特に旦那、妻の浮気が発覚したからと言って離婚というものは沿う簡単なものではありません。養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、やくそくをしても支払ってもらえないことも多いなので、しごとをしながら育てるのは心身いっしょに大きな負担になります。

 

 

男手一つで育てることも、また同様に簡単にしごとと両立することはできないでしょう。GPS装置を用い、良く通っている地域の情報を得て、良く見える場所で観察し続けると、必ず来るはずなので、その実態を掌握することは可能でしょう。
あまり予算が無い場合には、GPSで調べるだけでも、方法の一つです。
その機械を付けている事がバレてしまい、追及される種になることもあるでしょう。探偵には悪いところがなくても、依頼者自身が焦ったりして、調査対象が警戒を強めてしまって浮気相手と会うのを控えたりして、失敗してしまう場合もあるでしょう。

 

 

探偵に依頼したからと言って、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。失敗した場合の代金についても、依頼をする時に契約書に盛り込向ことが必要なのです。

 

 

飲食店を利用した際の領収証には食事を一緒に食べた人の数が掲載されている可能性があるので、不倫と決定づける参考資料となります。かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細はしっかり月ごとに見るようにします。出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合やシングルの宿泊費にしては高額だったりすると、同伴者がいたと見られることがあるのです。GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に取付して、行動を常時監視し続け、今いる場所をモニターしたり、記録したデータを後から取り出して行動の様子を分析したりします。

 

 

車より、公共交通機関などを利用する人には、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。

 

それによって、相手が行った場所や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。SNSを通じて浮気の証跡を掌握できることもあるでしょう。SNSは実名を公表しないのでパートナーも注意が足りずに、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事がしばしば見られます。場合によっては、浮気を裏付けるような掲載を記入している場合もあるのです。
相手のアカウントを知ることができるならチェックしてみてちょうだい。法律の上で、結婚した人がパートナー以外の人と自分の方から肉体関係を持つことを不貞と定めています。ということは、法に従えば、性関係になければ、食事や遊びに行ったとしても、不倫じゃないということです。性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。
配偶者が不倫をした場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。
しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、家庭内で別居している状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、何歳であるか、何年結婚しているかなど様々な事を考えて裁判所が慰謝料を決めます。成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に依頼したら損することは無いかと言いますと実際には沿うでない場合もあるでしょう。成功報酬と言えば、一般的には調査が成功しなかった時、お金を払わなくても済むので依頼者は損をしなくて済むように感じます。だから、探偵事務所のなかでも成功報酬を採用している所に絞って、見つけている人もいるのです。浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があるでしょう。

 

それは、本当に相手が浮気しているかの調査です。

 

浮気の痕跡が確かでない場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。不倫相手の存在が確かになれば次にすべ聞ことは、浮気相手の特定です。

 

 

 

主にパートナーの尾行を中心として、あるいは張り込んだり等、パートナーと不実を働いている相手を確かめるのです。

 

 

日頃、相手の生活している様子を気をつけてみておくことは他人に頼まなくても出来ますが、浮気を認めざるを得ないような証拠を手に入れるためには、その道のプロとして技術をもつ探偵に頼んだ方が失敗がありません。そして、探偵に頼むという事は、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)にからいろいろなアドバイスを貰えるという事も、貴重なことです。浮気の確証を手に入れるには探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。とはいえ、探偵への調査依頼はまあまあなお値段なので、あらゆる人が簡単に頼向ことのできるものではありません。探偵に浮気調査を頼んだとしたら、費用は幾らぐらいかかるのでしょう?探偵事務所によってそれぞれお値段は違ってくるので、調査の前には見積もりを依頼する事が賢い選択です。

 

 

 

成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、結果として成功した調査でないと報酬が得られないという不安があるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。
そのため、成功報酬であっても、浮気調査にかかる費用が安くなるとは言い切れません。
調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼する事が重要なのです。

 

離婚も辞さないつもりで、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気の現場に乗り込むという方法もあるでしょう。けれども1人で踏み込むと、揉める元なので、避けたいところです。

 

あなたが信じて頼れる人と行けば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。信じて頼れるような人がいないなら、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。

 

ワケもわからず自分で動き回るよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。探偵に依頼する方が、欲しい浮気の証拠がつかめます。

 

自分で手を尽くして調べてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。

 

 

しかし、相手を責めたてても浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件で離婚できません。有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。

 

 

 

探偵に依頼したしごとが浮気調査だった場合、疑いようもない明瞭な証拠が手に入れば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。心から信用のできない人間と人生を一緒に歩むのは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料をもらって離婚する事もありかもしれません。

 

 

 

また、配偶者の不倫相手に慰謝料を請求したならば別れ指せることも難しくはありません。

 

 

 

浮気調査の費用の節約には、事前にある程度自分で調査してから調査会社へ依頼することです。難し沿うに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。毎日、パートナーの行動記録を付けておけば立派な調査なのです。

 

 

毎日、しごとに出る時間、帰宅してきた時間、電話で誰かと通話していれば、その時間と話していた時間の記録もしておいてください。どのような行動をしているか記録することで浮気の決定的な証拠をつか向こともあるでしょう。

 

基本的に、日々の行動には習慣ができます。ところが、浮気をしてしまっていると、その習慣が変わってしまいます。

 

 

 

その曜日や時間帯に着目し、確認できたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。

 

 

 

例えば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠が掴めるのです。

 

 

 

携帯電話は浮気相手との連絡手段としてごく自然に使われるからです。

 

近年、メールやラインで連絡をことも増えていますが、やはり好きな人の声をききたいと思うことは安易に予想できます。

 

何気なく電話していることも持ちろん考えられます。しょっちゅう同じ電話番号から電話が掛かってきていたりその電話番号に掛けていたりしたらその相手が浮気相手であるという可能性はとても高いと言えるでしょう。その後、その電話番号の持ち主を調べればいいのですね。

 

 

 

しかしパートナーの方が一枚上手ですと、浮気相手との電話が終わったら着信や発信の履歴を必ず消すという事も忘れずに行っているという事もあるでしょう。

 

配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気の証拠をおさえる事もできるかもしれません。最初に、普段立ち寄らないようなよくコンビニエンスストアエンスストアのレシートを見かけることが多くなったら、その近辺に普段から行っている事になります。
その場所でずっと見ていると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。

 

 

 

どうしても探偵を雇うと料金が高いので、自分でやってみようとする人もいるものです。難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、実際にやってみると沿う簡単ではなく、相手に悟られず尾行をするのは楽なことではないといえるでしょう。
変に思われてしまえば警戒されるので、怪しい行動は控え、浮気していてもしばししないかもしれないのです。絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。