浮気調査の第一段階

浮気調査の第一段階ですべき事は

 

浮気調査の第一段階ですべき事は、本当に相手が浮気しているかの調査です。
浮気しているか否かが不明りょうな場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。

 

 

 

調査により浮気が確定した場合に、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。

 

お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、あるいは張り込んだり等、浮気相手の姿・年齢・氏名などを押さえるのです。

 

 

 

浮気の証拠を握るためには、探偵に浮気調査をして貰うことが最も確実な方法です。
ところが、探偵に頼むとまあまあなお値段なので、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえないのです。探偵への浮気調査の依頼は、幾らくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所それぞれで調査料は変わってきますから、調査を依頼する前に見積もりを頼むべきです。

 

探偵の尾行代が幾ら位かと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。

 

当たり前のことですが、調査員が少数なら安く、増えるほど高くなります。また、尾行の時に車やバイクで移動すると、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、確認がいります。

 

 

浮気調査の費用を節約する方法は、事前にある程度自分で調べておくことです。

 

 

 

調査と聞くと大変そうに聞こえますが、そんなことはありないのです。

 

毎日のパートナーの行動記録を立派な調査なのです。

 

 

毎日、しごとに出る時間、帰ってきた時間、電話で誰かと通話していれば、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。
探偵の特長としては、不審に思われることを避けるよう警戒を怠ることなく粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、先に自分の所属を明かして正面からの調査を行なう傾向にあります。

 

 

探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、一方、興信所は情報を集めることが上手だと見てよ指そうです。

 

 

尾行について時間による代金設定がされている場合、探偵が尾行を行なう時間が長いよりも短い方が、少ない費用になります。

 

というワケで、尾行依頼を探偵にする時には、日頃のパートナーの行動パターンを調べておくことが重要です。

 

 

 

その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って尾行をして貰うと、探偵にも余計な労力がかからず、双方にとって利益があります。
探偵が使うという追跡グッズとは 自分で購入できるのかといえば買うことは可能です。

 

 

 

一般的には、追跡グッズはGSP端末を使用することが多いのです。でも、どんな人でもインターネット等で購入できます。

 

車両に載せてあるGPS端末というのは、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、当然、誰でも購入できます。飲食店などの領収証の掲さいには飲食時の同席者の人数が掲さいされている可能性があるので、浮気と特定する材料となります。

 

ほかに、クレジットカードで決済した時は毎月しっかりと目をとおすようにします。

 

出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、同伴者がい立と見られることがあるんです。

 

 

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、ケースによっては50万円程度という事もありますし、400万円くらいになる場合もあります。離婚しなくても慰謝料を請求する事が出来るのですが、額は低くなるのです。

 

また、不倫相手の方が浮気を認めない際は証拠が必要になってます。第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠が不可欠です。

 

 

身なりを確認して浮気の証拠を見つけられます。人が浮気をすると、分かりやすく現れるのは身なりの変容です。

 

以前はファッションに対して無頓着だったのに、いきなり服装に関心を持ったのであれば慎重に見ておく必要があるでしょう。
今後、浮気をしそうな人がいたり、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれないのです。

 

どのような行為をしているか記すことで浮気を実証できる場合もあるのです。大抵、人の日々の動き方にはパターンができてくるものです。

 

 

 

しかしながら、浮気をしている人は、決まったパターンが崩れます。
変わった曜日や時間帯を特定することができたら、動き方をよく見ていると、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。
カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが出来るのです。カーナビ上の履歴を見ることで、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられるのです。

 

 

あまり見たことがない場所の履歴を見つけた場合注意が必要です。
それに加えて、よく給油されていた場合、車によりデートしている場合があります。成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を依頼したら損することは無いかと言いますとそうとも言えないケースもままあります。

 

成功報酬ならば一般的な感覚としては調査を不成功で終わった時、報酬支払いの義務がなくなるので頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれないのです。

 

 

そのため、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って、求めているような人がいます。探偵の一部はアルバイトの場合があるんです。探偵としてのアルバイトを調べてみると、そのしごとの募集を見つけるでしょう。

 

ということは、バイトを使っている探偵事務所も多くの例があるということです。浮気をしているのか調べて貰うのならば、個人情報を伝えなければいけないのです。

 

ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、詳細なプランや金額が設定されており、追加の料金設定がなされていないような探偵事務所が望まれます。

 

そして、探偵社として必要な許可を取得しているのかお調べちょーだい。法を逸脱した調査をしている探偵社には依頼しないように気を付けましょう。

 

しょっちゅう同じ電話番号から繰り返し、また定期的に電話番号があるとしたらそれが浮気相手とのやり取りであるのは非常に高いといえます。そういったことに気付いたらその電話をしている相手を割り出せますね。

 

しかしパートナーの方が一枚上手ですと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には電話番号の履歴を毎回削除しているという事もあります。

 

不倫問題を相談したいと思うなら弁護士に相談することをオススメします。
離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかをよく考えてから相談するといいでしょう。

 

また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や興信所に相談しましょう。相談者が女性の場合、近所の奥さんや友だちに相談してしまう方も少なくありないのですが、後で噂になりたくないなら、相談しないようにしましょう。

 

探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。
実費としては調査の際にかかった交通費とか写真(ブログに載せるために、デジカメや携帯で撮影する人が多いですね)撮影にかかる費用などですが、調査員のご飯代が足されるケースもあるようです。時間給は、人数×時間で算出した費用です。
短い期間で浮気調査を終えると支払いも安くすみます。浮気調査の依頼をするときには、何人の調査員が必要なのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが、2人で調査することが多いようです。しかし、まだ浮気が確定でない場合には、浮気をしているかの確認を調査員1人で行なう場合が多いのです。

 

浮気が現実であると判明したら、再度、調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。興信所と探偵事務所のちがいとしては、あまり無いのではないかと言っても言い過ぎではありないのです。
興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、似たようなしごとをしています。とはいっても、ちがいをあげるとしたら、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。立とえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠が掴めます。

 

 

 

理由は携帯が浮気相手に連絡する手段として使われるのが当然だからです。

 

 

 

近年、メール(パソコンだけでなく、携帯電話でもやりとりができますね)やラインで連絡をことも多くなっ立とはいえ、好意を持つ相手の声を聞きたいと思うことは安易に予想できます。

 

そのため、何気なく電話することは十分考えられます。浮気の調査を探偵に任せ、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることが出来るのです。

 

 

不信感を抱いてしまった相手と一生をいっしょにするのはストレスは相当なものになりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれないのです。あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料の支払いが課せられれば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。
料金について成功報酬制を採用している探偵事務所は、調査に成功したケースでしか報酬を得られないというリスクがあるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。そのようなこともありますので、成功報酬のシステムだからと言って、浮気の調査費用が安くなるワケではないのです。

 

調査に対する実績なども確認して、明確な料金システムを採用してる探偵事務所に依頼した方が満足できるのではないでしょうか。

 

 

 

相手が全然知らないうちに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりないのです。せっかく撮った浮気現場の写真(ブログに載せるために、デジカメや携帯で撮影する人が多いですね)も、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠にならないのは仕方の無いことです。

 

 

浮気調査を探偵に依頼した場合は、用途に適するサイズのカメラも用意し全く気づかれずに客観的な証拠を撮影してくれます。

 

 

 

離婚ということになってもかまわない、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいないのです。
そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、喧嘩になりやすいので、可能な限り避けましょう。
信頼できる人に一緒に行って貰うなら、頭に血が上って事態を悪化指せることがないでしょう。

 

 

信じて頼れるような人がいないなら、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。浮気をしている事がSNSを通じて明るみになることもあります。

 

 

 

SNSは実名を公表しないのでパートナーも無意識のうちに、プライベートを事細かに書いてしまう事が多発しているように思われます。
時には、浮気を証明してしまうような内容を書き込んでいる可能性もあるのです。相手のアカウントに気づいているのなら調べてみて下さい。

 

 

実際に探偵に頼むことで浮気の証拠を掴む事が出来るのです。相手がおかしいと思った時、とにかく自分で証拠を集めようとします。

 

しかしながら浮気の証拠を自力で蒐集しようと思っても、相手に気づかれてしまう可能性はあるでしょう。

 

 

はっきり言ってその理由は、顔がばれてしまっているからです。日々、相手の生活の様子を注意しながらみることはだれにも頼まずにできることですが、浮気を認めざるを得ないような証拠を入手するためには、経験豊富なプロである探偵におねがいした方がエラーありないのです。

 

そして、探偵に頼むという事は、ただ、浮気に関する調査報告を貰うだけでなく、豊富な経験から、各種の助言をもらえるという事も、貴重なのです。

 

 

 

依頼された調査だけをしっかりとやる探偵ならばそれでオワリとは言えないのです。浮気の事実があるのか調査していると、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあります。

 

 

そんな状況になった時に、依頼者の立場を何よりも先に気にしてくれる探偵が信用すべき探偵なのです。

 

信頼できる探偵の見分け方は、相談中の相手の印象を見るようにして慎重に決めるとよいでしょう。
探偵が何もミスをしなくても、依頼者側に落ち度があって、パートナーが警戒心を抱くことになって浮気調査が困難になり、失敗してしまう場合もあるでしょう。

 

立とえ探偵が浮気調査をしても、確実に証拠が集められると決めつけてはいけないのです。

 

 

 

失敗した場合の代金についても、契約を交わす際に決めておくことが大事だといえます。